生徒さんから、

「ドナルド・トランプが大統領になります、なりましたけど、これから(アメリカは)どうなるんですか?日本に対する影響は?私たちの日々の暮らしは?アメリカ人はどう考えているんですか?」

という質問或いは(切迫感を伴う)”ご心配”が昨年来私に多数寄せられています。

「何故そもそも彼が”今”登場したのか、アメリカ人の”今昔”、アメリカは、世界は、そして日本はこれからどこへ向かうのか」

等々、複雑な要素や利害が絡み合い、根がとても深~く、簡単には語ることは出来ません。

これから、何回かに渡って、「”勝手にご意見番”としての、私なりの分析・見解・見通し」等をこちらで書いて行きたいと思います。

一回目はこの有名なフレーズ:

We will make America great again!

まず、皆さん、これは中学三年でやる「SVOC(「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)」)」の文です(エッヘン)。

えっ?記憶に無いですって?こういうことです。

5文型Cが出てくるのは二つ、「SVC」と「SVOC」ですが、まず目的語Oと補語Cの違いをはっきりさせましょう。

目的語Oと補語Cの違いは、つまるところ、こういうことです。

  • SVO S=Oでない → 「”動詞”の目的語Oと呼ぶ」→ ”ほとんど”の一般動詞
    • 例 I like baseball. → I = baseballではない
  • SVC S=Cである → 「”動詞”の補語Cと呼ぶ」→ BE動詞”一部”の一般動詞
    • 例 BE動詞 I am happy. (I = happy)
    • 例 知覚動詞 He looks great. (He = great)
    • 例 その他リンク動詞 I got tired. (I = tired) 正に、左右を”リンク”する動詞

SVOCはその応用です。

  • SVOC O=C → ”一部”の一般動詞(使役動詞、その他リンク動詞)
    • 例 使役動詞 The song makes me sad. ← はいはい、ようやく出てきましたSVOCの文です。

SVCの文は理解出来ても、SVOCの文はてんで理解出来ない、頭がキャパオーバー?もうお腹いっぱい?とおっしゃらず、実はこう考えればとても簡単なんです。

まず、SVOC(中三)の文を皆が知っている「that節(中二)」の文にしてみましょう。(もしthat節も記憶にないとおっしゃるなら”やり直し中学英語クラス”を受講してください💦)

We’ll make America great again. ⇒ We’ll make [ (that) America is great again].

つまり、SVOC → S+V+O [that節]で、

このthat節自体は”まとめて”makeという主動詞目的語Oです。

そして”代入法”を用いて、O=SVCになります。

SVOC = SV+[SVC]

「英語は数学だ。等式を展開していけば良い」(ココペリ名言集)

that節「アメリカが再び偉大である」状況を「我々が(We)作る(make)」んですね。

そして、どこの国でも、どの言語でも、(相手に)わかるならなるべく省略してしまいたい。

例えば、

「リーマン(サラリーマン)」が、「なる早で(なるべく早く)向かってます」

と言うのと同じ(笑)

そしてたどり着いたのが「We will make (that) America is great again.」何ですね。

因みに、「makeという主動詞」の目的語(O)「America」は、「that節の中の主語(S)」でもあるので、「全体の主語であるWe」と比較して「意味上の主語」と呼んだりします。

ということで、トランプ大統領は「アメリカを再び偉大に」出来るんでしょうか。

トランプに言わせると、バージョンはいくつかありまして、

We’ll make America greater than ever.

greatという形容詞を比較級(中二)にしまして、than ever(かってないほど)をくっつけました。

「かってないほどアメリカを偉大にする」と”豪語”しております。

反対派はこうも言っています。

America is already great.

「アメリカは”既に”偉大」だから、今さら偉大にする必要もない。

さて、大方の冷静で、”理性的な”(懐疑的な)アメリカ人は、こう言っています。

「We will see what will happen.」「We will see what he can do.」(何が起こるか、彼が何が出来るか様子見しよう)

この「名詞節/関係代名詞/間接疑問what(中三)」は次回に。

いずれにしろ、前任者のオバマさんが「Yes, we can.」と”中一の一学期”レベルだったので、スローガンが進化しました(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中