ここ数年あまり何名もの社会人の方達を教えて参りましたが、日々の会話面でまず一番にぶち当たる壁が「中学英語の基本」「やり直し英語♪」クラスではこんなことを学びます)でした(思い出せますか?「主語+動詞+目的語」「三人称単数」っていうあれです)。実際中学3年時の現在完了形&関係代名詞まで使いこなせれば会話面では十分な上におつりが来ます。しかし殆どの日本人が中学高校と6年間も英語を学んでいるにも関わらず、この中学英語の基礎が身に付いて居ないか、或いは「受験に通れば必要ないもの」とすっかり忘れてしまっており、基礎文法「S+V+O」に基づく会話が到底組立られません。

これはそもそも英語と日本語の「言語の組立が大きく異なる事(英語はSVO、日本語はOV)」に加え、受験英語に対する極端な反省から、受験英語や学校の英語は「英会話」とは別のもの、通じないものだと誤解しているからです。(単純丸暗記の詰め込みではなく、もっと文法をシステマティックにわかりやすく教えれば良いのにとは思いますが、教えられる人材が居ないのでしょう)また、巷の「英会話スクール」は簡単なフレーズの単なる丸暗記をさせているため、”自ら”文を組み立てる事が何時までも出来ないままです。

以外に思うかもしれませんが、外国語として英語を学び始める場合、文法から入ったほうが効率が良い場合も多いのです。(当スクールには、「会話が上達しないのは文法力が足りないから」と英語を学び直しに来る社会人さんが大勢いらっしゃいます)そしてリクエストに答えて中学生を指導する内に”中学英語の重要性”を益々再認識するようになりました。こと日常会話に関する限り中学英語さえみっちりやっておけば十分です。

基礎文法を頭で理解するのは当然ですが、クラスでは「英語脳の構築」に重点を置き、「一対一のアクティビティ」を沢山行います。まず頭の中に「英語の引き出し」を作り(インプット)、その「出し入れ」(アウトプット)を継続的に認知訓練します。基礎を何度も声に出し形に表す事で、今までは頭の中の単なる「知識」でしかなかった英語を、コミュニケーションのツール「使える英語」に参加者自身が変えていくのです。そしてそのお手伝いをバイリンガル日本人講師がして行きます。

変化を体現するのは参加者です。積極的に声に出す、身体で表現する。それを沢山すればするほど「使える英語」が身に着いて行きます。 英語を今度こそ何とかしたい貴方、英語を身に付けワンランク上のキャリアを目指す貴方、スキルアップでビジネスを成功に導きたい貴方、他のスクールで挫折してしまった方もぜひお集まり下さい!基礎文法に関する疑問を払拭しましょう!


  • 「ホーム」に戻る
  • 「ココペリ代表の挨拶・教育理念」を読む
  • 「社会人・大人クラス」を見る
  • 「受講者の声」を読む
  • 教材(旧サイト)を見る
  • レッスン案内(スケジュール・料金等・アクセス)を見る
  • 「無料体験レッスン・無料カウンセリング」を申し込む

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中