臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – Pregnancy: A Partner’s Perspective「男性育休・育メン・スーパーダディ」#9

「夫は外で働き妻は子供を産んで家庭を守る」といった伝統的家族感が根強く残る日本。男性の産休育休導入は日本では中々広がらないけど、育メン先進国のアメリカのお父さんって実際どうなの?男性も女性も必見。名言多数!

臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – What you need to know about freezing your eggs「卵子凍結保存」#7

コロナ禍で卵子凍結ブーム、その訳は?最高のパートナーを見つけてから子供を産むが理想だけど、仕事や夢などやりたいことは沢山ある。女性ばかりどうしてそのストレスを感じなければならないの?アメリカ女性はどう考えているの?

臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – ‘Anne With an E’ star Miranda McKeon talks living with breast cancer「若年性乳がん・素晴らしき人生を生きる」#6

「名前はアン。つづりの最後にEがつくと思って呼んで。Eがつくほうが立派に見えるから」 大ヒット海外ドラマ「アンという名の少女」のスター・ミランダ・マッコーンが19歳で乳がんの診断、それでも彼女は生きる事、充実した人生を送ることを諦めていません。

臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – Scottish Couple uses TikTok to raise money for IVF treatments「不妊治療はお金がかかるもの、だったらTik Tok」#5

不妊治療費用をTikTokで資金調達したScotlandのカップル。2021年世界で最も使われたSNSであるTikTok、英語の勉強に活用しない手はないですね!

臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – Anxiety Attack(不安・パニック発作)Taboo Health Series #4

女性は男性の二倍「不安発作」を経験する可能性があると言われています。その要因は「初潮等ホルモンバランスの変化」「PMS(月経前症候群)」「妊娠」「産後うつ」「更年期・閉経」他の「生理学的要因」に加えて、いくつかの「社会的要因」が考えられます。

臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – Pregnancy Dietary Myths「妊娠中の食事に関する迷信、嘘ホント」#3

妊娠する前に健康的な食事を心がけていませんでした。健康な赤ちゃんを産むために、今から健康的な食事を心がけても手遅れなの?

臨床現場で使える英語:産婦人科・助産師・女性総合編 – Infertility(不妊・生殖医療)Taboo Health Series #1

不妊は皆さんが思うほど珍しいことではありません。およそ8組に1組のカップルで起こります。人種、社会経済レベルとは全く関係なく起こります。20代の患者さんもいます。