中高一貫校生向け英語塾|NEW TREASURE(ニュートレジャー)先取り・補習・採用校|マンツーマン個人指導専門!

クラス概要

文法重視」「語彙ボキャブラリー数が検定教科書の3倍」「学習スピードが速い」と言われる私立・公立中高一貫校。その”レベルの高い”英語授業に着いて行けないと感じる生徒が毎年一定数生まれます。(【中高生向コラム②】私立中学合格後燃え尽きてしまうケース【中高生向コラム③】私立・公立中高一貫校は”6年生の大学予備校”!


そういった英語の苦手意識やコンプレックスを感じる生徒、或いは「もっと成績を伸ばしたい」と思う、中高一貫校生向けのマンツーマン個人指導クラスです。


厳しいお受験を勝ち抜いて私立・公立中高一貫校に入ったものの、何故か新科目の英語でいい点数が取れない。 確かに、私立・公立中高一貫校生は、中学一年で既に公立中学の2年生相当の英語を学んでいます。知識インプットの量が多く、学習速度がとても早いので、一度つまづくと挽回が物凄く大変です。


そもそも平均点が65点だとしたら、100点も居て40点も居る、全員が65点取る訳ではない、至極当たり前なこと。 ”公立校ならほったらかし”でも私立・公立中高一貫校では、教師も親も本人もそうはいかないようです。


平均点に届かない理由として考えられる理由は、

  1. お受験から解放され「遊び過ぎた!」「過保護にし過ぎた!」(比較的良くあるケース)、
  2. 新教科なので学習の仕方が解らない。小学校の延長線。(最も多いケース)、
  3. キッズ英語(歌を謡ったり、ゲームをしたり)の発想から抜け出せず、「楽しむもの」→「お勉強」の切り替えが出来ないまま出遅れた。(キッズ英会話スクール出身に多い)、
  4. 基礎文法が身に付いていない&ケアレスミスが多すぎる(最も多いケース)、
  5. クラスの速度が速すぎる(最も多いケース)、
  6. 性格的なもの(比較的良くあるケース)、
  7. そもそもギリギリの合格で本人の学力が周りの生徒に比べそれ程高く無い(可能性はある)、
  8. ひらがなには固有の音がありますが(ローマ字も)、英語のアルファベットの音は複雑です。例えば「ア」という音でも「A, U, O」と綴りの可能性は複数あります。「音と綴りの関係」に慣れない為に(切り替えが下手、柔軟性に乏しい)音読の自己学習が出来ない、聞いた音を文字に起こせない子がまれに居ます。こういう子は臆病で「間違ってもいいから取り合えずやってみよう」ではなく、文字通り「固まって」しまいます。或いはベースとなるローマ字の読み書きが出来ない為に、英単語の綴りを”当てずっぽう”でさえも書けない子が居ます(器質的なもの)、
  9. 英語の学習障害(LD)やいわゆる発達障害傾向(グレーゾーン)と思われる児童が近年増えた。(クラスに1人~3人とも言われている)

因みに、上記のリストは上から下に行くほど状況のシリアス度が増し、回復にかかる時間も努力も増します。病気と同じで、まずは診断、そして出血を止めること。それから腰を落ち着けて治療です。(詳しくは下記「コラム【読み物】(中高生)」をご覧ください。)

このクラスでは、マンツーマン個人指導の長所を生かし、まず「何が解って何が解らない」のか、どこから解らなくなったのか、 何が出来ないのかを明確にし、苦手克服の目標を立てます。 基礎文法や基本ボキャブラリーを遡って学習し、音読が苦手であれば教師と共に何度も声に出して教科書を音読します。 学校の授業だけでは理解できない事項を何度も繰り返し学習し、中間期末テスト前には要点を集中的に復習することで、英語に対する苦手意識を少しずつ克服していきます。


ZOOM レッスン WELCOME!

(初回レッスン無料)

コロナ禍でも安心、通塾時間の節約にも。

募集要項

  • 対象:中高一貫校生
  • 学校の英語授業に着いて行けない、英語の苦手意識を感じる生徒
  • 学校の成績をもっと伸ばしたい生徒
  • 教師:バイリンガル日本人講師による丁寧指導、完全プライベート、マンツーマン個人指導の担任制
  • 曜日時間:週1(90分)
  • 希望により中間期末テスト前の別途追加補習あり
  • 希望により英検受験前の別途追加補習あり
  • 教材:学校指定教科書&問題集等、その他生徒のレベル及び目標を考慮して話し合いにより選択します
  • 中高一貫校採用のZ会 NEW TREASURE(ニュートレジャー)やPROGRESS(プログレス)やSirius(シリウス)他対応
  • 大学受験・留学等の目標に合わせ「英語多読」の同時学習を強くお薦めします。
  • 場所:勝どき教室又はZoomオンライン
  • 指導実績(国立御茶ノ水、慶応、渋谷幕張、白百合、東京女学館、豊島岡、森村学園、立教女子、大妻中野、東洋英和他)
  • 詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

 Let's study 中学英語!クラスとの違い: 

このクラスは私立学校毎に異なるカリキュラム、教材、テスト、補習、宿題等、或いは生徒の部活や性格等に合わせて、特別に「カスタマイズ」出来るクラスです。Z会 NEW TREASURE(ニュートレジャー)やPROGRESS(プログレス)他対応!


コラム【読み物】(中高生)

spring-1611531_1280

【中高生向コラム④】ノートの活用は頭の活用!

以前通われていた社会人の生徒なのですが、大学で外国人向けに日本語を教えていらっしゃる方でした。その方は”いまどき珍しい(昔は当たり前でしたが。。)” ご自分にも学生にも厳しい先生でした。私は直接教わった訳ではないのですが、お話を伺う限り(何でも毎日9時に寝て3時に起きそれから朝まで勉強という生活を長年続けていらっしゃるとか!)、 まあ私のような凡人とは違うなと。地元の保育園の待機待ちに業を煮やして、「何で税金を一杯払っているのに私の子供は保育園に入れないのか!?」と区役所に掛け合いに行ったりと、ちょっと”番長風”でもありました。

そして二人揃うと「最近の学生は全く・・・」と嘆きが始まるのでした。

続きを読む
school-683553_1280

【中高生向コラム③】私立・公立中高一貫校は”6年生の大学予備校”!

何時の頃からか「ゆとり教育」が叫ばれ、いじめや不登校或いは学級崩壊が公立校の大きな問題となりました。 学力を含む公立校における指導力の全般的低下を危惧した保護者の間で私立(近年は公立も)の中高一貫校が人気化しました。 また昨今の少子化により私立はどこも生徒集めに苦労するようになり、「(保護者が望む)有名難関大学への進学実績を競う中高一貫教育」を旗印にどこも生き残りをかけました。 6・3・3制から6・6制に早々と移行したのです。そして「中高一貫校=6年生の大学予備校」とは誰もが認める事実となりました。

続きを読む
school boy-1666611_1280

【中高生向コラム②】私立中学合格後燃え尽きてしまうケース

非常に良くあるケースは、中学受験に専念するあまり合格後に燃え尽きて新教科の英語について行けなくなるケース。 お受験をされるご家庭では小学校高学年の段階では当然英語教育に熱心ではありません。私もお受験と英語レッスンの両立はお勧めしていません。 何故なら、英語のレッスンをする暇があるのなら、その分受験科目を勉強して、少しでもレベルの高い学校に入って欲しいからです。 また万が一落ちた際、理由を英語のせいにして欲しくないからです。何故少しでもレベルの高い学校へ?というと、勿論可能性が広がるからです。

続きを読む
school boy-694763_1280

【中高生向コラム①】スタートダッシュに成功する子供、スタートでつまづく子供

ここ何年か中学生を受け入れるようになってから、多くのご父兄の方(というかお母様ですが)よりご相談を受けるようになりました。 数多くのケースに対応している内に幾つかの共通点に気付きました。英語指導業界では生徒の入校は年二回と言われています。それは新年の誓いを立てる「正月」と新学期や就職移動の「4月」です。しかし当教室では違った波があります。早春と夏前です。

続きを読む
notebook

【コラム】生徒さんの「ノート術」拝見!②

Let’s study 中学英語 again!クラスの社会人生徒さんのノートです。コラム「ノートの活用は頭の活用」を読んで下さって、社会人になって初めて「ノート術」に目覚めてしまったようです。この方は軸線入りのノートは勿論、「ノートにプリントを綺麗に貼れる修正テープのような糊」まで購入してました。

続きを読む

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

生徒様&保護者様のレビュー★★★★★